運命の出会いから構想3年。ミリオンだから実現できた 幼少時からの憧れの「古き良きアメリカ」

形神様邸・土浦市

ミリオンでなければ実現不可能だった仕様と間取り。対応力とセンスの良さに脱帽。

01

形神様邸・土浦市ちょうどマイホームのことを考えていたときに、中古物件を見に行った途中で入り口を間違えてしまい、偶然ミリオン・ベルの展示場に入ってしまったのです。そこでちょっと見せてもらったのが出会いです。ですから、ミリオン・ベルとは運命の出会いですね。
ボクが小学校のころから映画の影響などで古き良き時代のアメリカが好きで、アーリーアメリカンの家を建てたいと思っていたのですが、なかなか見つからなかったのです。ミリオン・ベルと出会ったのはちょうどそんなときで、一目ぼれのような感じでした。それからは「絶対ミリオン・ベルでなければ嫌だ」と思うようになりました。妻ももともとカントリー風が好きだったので、雰囲気的な希望で意見が分かれたりはしませんでした。また、外観以外にも、ミリオン・ベルは内装を全部手作りでやってくれるところがいいと思いました。

まず、吉田社長が寛大で姿勢の方で、親身になって、とても一生懸命になってくれました。商売でやってるとは思えない姿勢で、まるで昔からの知り合いのように接してくれました。最初にミリオン・ベルに伝えた要望は予算です。低予算が希望であることを吉田社長の理解してくれ、「わかりました」と快く引き受けてくれました。ですが、そこから住宅ローンのプレッシャーもあり踏ん切りがつかず契約まで三年かかってしまいました。オープンハウスに何度か通い予算と比べて、納得してようやく決めました。

ミリオン・ベルに決めてから着手までに三年ありましたので、その間にボクの頭の中で決めていたことがあり、設計の進行は早かったです。サンプルを見せてもらい参考にさせて頂いて、細かいところだけを変更しました。また、外観のデザイン、ポーチ、リビング階段を要望としてお伝えしました。
ミリオン・ベルの大工さんは、気さくで、「こうしたほうがいいよ」とかアドバイスをくれたり、いつもたくさん話してくれました。施工中の細かい打合せも振り返ってみると楽しかったですね。キッチンも手作りのオリジナルのキッチンにしましたが、現場監督さんが自ら石を張ってくれたんですね。とてもセンスが良く、安心して任せられました。他のハウスメーカーと違ってミリオン・ベルは現場監督さんや設計士さんと一緒に話ができるので、答えをすぐに聞けることが良かったですね。そして私たちの要望を正確に汲み取ってくれました。照明は吉田社長がもってきてくれたものから選びました。吉田社長が海外で本場のものを見ている方なので、情報も豊富で、的確なアドバイスをくれますね。まさに「本物をわかってる人のアドバイス」でした。

お客様訪問・フォトアルバム

0104

引渡しの日は、「もう最高!」って言葉しかでませんでした。夢だった理想の家が手に入ったんですから。本当に住んじゃっていいのかなって感じでした。
知人や両親、親戚からは、「暖かい」って言われることが多いですね。郵便屋さんにも玄関で言われます。セントラル空調は一般に高価なものですが、それを私たちの予算の中で付けてくれたことはとても有難いと思います。冬場はお風呂から上がっても温かいし、朝起きて温かいと起きてすぐに動けるのがいいですね。ただ、この子たちが大きくなってこれが当たり前だと思ったら少し贅沢かな(笑)。

ミリオン・ベルさんじゃなければこの家はできなかったと思いますし、同じ間取りで他社で作ったらもっと金額も取られてると思います。これから輸入住宅で家を建てたい方へ伝えたいのは、「輸入住宅でいいところがあるよ。ミリオン・ベルがあるよ。」ということですね。手作りで、他にはないオリジナルの家がつくれるので、自分の好きなようにイメージ通りにやってくれます。私たちの家も、オリジナリティがあるせいか、全然知らない人が通りかかっただけで、「家を見せてください」と言われたりもしますね。

0101

0102

0103

0105